BLOGブログ

2020年04月16日

4/16 更年期障害と鍼灸

ブログ






要鍼灸院とみお院の藤森です。





更年期障害とは・・・





更年期になると身体が閉経に近づくにつれて卵巣で作られるホルモンが減少します。通常ホルモンの分泌は脳が卵巣に指令して卵巣がホルモンを作りますが、卵巣のホルモンを作る機能が低下して脳はそれに気づかず少なくなったと勘違いしてさらに多くだすよう指令を送り続けます。その結果、脳にエラーが蓄積して同じように脳から指令を受けている自律神経にも影響をあたえることになります。





自律神経に影響が出ると看板の画像のような症状の他にも様々なことがおこります。





ほとんどの女性が大なり小なり症状を経験する疾患でひどい人は生活に支障をきたす場合もあります。





鍼灸はこの自律神経の働きをを整えることが得意です。





更年期障害でお困りの方は鍼灸という選択肢もいいかもしれません。


要鍼灸院 とみお院

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

0742-31-2425

友だち追加