BLOGブログ

2022年11月23日

症例90 運動時の腰痛でお悩みの大学生

症例


こんにちは。副院長の藤森です。





今回は陸上の三段跳びをしている大学生が、なかなか治らない腰痛にお困りで来院された症例です。




目次





    1. 患者様について

    2. どういう状態だった?

    3. では、どのようにすればいいの?

    4. どう治療していったの?

    5. どれくらいで回復したの?

    6. 経過はどんな感じだったの?

    7. 東洋医学的見解

    8. 施術者の思い




 




患者様について





U様 女性 大学生 陸上の三段跳びをしている。





来院の4ヶ月前より三段跳びの着地時に右腰の痛みが気になり始めだんだん痛みが強くなり試合や記録会に出れないとのことで来院されました。







どういう状態だった?





基本的に安静時や日常生活では痛みを感じることはないが、三段跳びをすると痛みを感じるとのこと。





左に腰を回すと右腰に痛みが感じる・腰を反らせると違和感がある。





という状態でした。





三段跳びという競技は飛ぶときと着地時に腰の筋肉・関節にとても負担がかかります。この負担が日ごろの練習によって反復的に加わり治りにくい環境になっていました。







では、どのようにすればいいの?





この状態では競技を続けている限りはなかなか回復していきません。ではどうしていけばよいのでしょうか?





答えは簡単ですが「回復力を上げて日常で負担がある状態でもよくしていけるようにする」ということです。




 




どう治療していったの?





U様の場合、診察から胃腸の働きがあまり良くないという所見が得られていました。胃腸は身体の回復に必要な「栄養」の入り口です。ここがしっかり働いていないと栄養が傷めているところに必要な分が運ばれず、回復が遅くなってしまいます。





ですので、胃腸の働きを良くして傷めている筋肉・関節の組織の回復を早めるように働きかけていきました。







どれくらいで回復したの?





期間は約2ヶ月半、回数は10回で回復しました。普段の練習をしつつ大学生というお若い方ということでこれぐらいの期間・頻度となりました。一般的には練習なしですともう少し早くなります。







経過はどんな感じだったの?





初診の術後:施術後は腰を左に捻った時の痛みが軽減。





2回目:前回の施術後、運動時の痛みが軽減している日があった。日によって痛みがあったり軽減していたりする。





3回目:記録会に出場。その後から痛みがある。左側の痛みも出てきた。試合で反対側も傷めたよう。施術後は左右に捻った時に少し痛みが残る程度になった。





4回目:スケジュールの都合で3週間治療が空いた。左右腰の痛みは軽減しているが捻ると少し痛みがある。次回2週間後。





5回目:治療後1週間痛みなく過ごせた、2週間目より少しずつ痛みが出てきた。





6回目:前回より腰痛は減っている、週の前半は少し痛みがあったが後半はほとんど感じなかった。





7回目:全力で飛んでみた。数回は大丈夫だった。続けると少し痛みが出る。





8回目:右に捻った時の痛みは感じなくなった。7割くらいの力で練習していると痛みはない。





9回目:ほんの少しだけ左に捻ると痛みを感じる程度になった。





10回目:全力で飛んでも痛みを感じることはなかった。捻った時の痛みもほとんど気にならない。今回で卒業。





このような流れになりました。







東洋医学的見解





※ここからは東洋医学の専門的な解説になります。難しいですが興味のある方はお読みください。





脈はやや緩細、日によっては弦が混じることも。69難の脾虚。左尺沈位が少し弱い。胃の気はあり。





舌は淡紅(やや紅より)、尖紅がある日もあり。





その他問診内容から、やや陽虚傾向があり→脾虚・肝血虚→心血(気)虚→心火(上がっている日もある)と読んだ。基本的には脾陽や脾気を補うことで大体は好転していた。





使用したツボは、水泉、復溜、腎兪、太白、太陵、太衝などを日よって変えながら使用。





基本的には疲労による痛みがメイン。ただ日によっては心火が上がっていることもあり心火を消すと痛みが軽減することもあったので一概に疲労だけの痛みではないと推測。







施術者の思い





スポーツをされている選手の方は常に練習をしつつ身体を回復させなければなりません。食事や睡眠・日頃のストレッチなどのセルフケア色々気をつけていてもどうしても回復が間に合わないことがあります。そんな時は鍼灸で回復力を引く出していくと治りににくかったものがスムーズに回復していくようになっていきます。同じようにスポーツをしていてなかなか治らない方の参考になれれば幸いです。


要鍼灸院 とみお院

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら
※業者の方の営業電話は全てお断りしております。ご連絡をお控えください。

0742-31-2425

友だち追加