ABOUT当院について

要鍼灸院 とみお院

RESERVE
LINE予約

要鍼灸院 とみお院

Passion for Traditional Oriental
medicine

古来からの伝統的な東洋医学へのこだわり

東洋医学は機械を使うことなく、問う・見る・聞く・触れるなど五感をフル活用した診察から様々な情報を読み取ります。それが時として「感覚的な」ものと捉えられることがありますが、その中で現代の精密な検査機器でさえ読み取ることのできない情報が見えてくることも多々あります。だからこそ、「原因がわからない」「異常なしと言われた」「難病で困っている」という患者様のお悩みに対しても解決の糸口が見つかることもあるのです。

今の医学の主流は西洋医学です。西洋医学のおかげで昔より治る病が増えたことは事実で、その現状を変える必要はありません。

しかし、本物の東洋医学を知らない人はあまりに多いです。そして、知らないがゆえに自らの病や不調の原因が見逃され、「異常なし」と言われながら苦しんでいる方が世の中に多すぎると思うのです。

原因が形として目に見えなければ、不調があっても「異常なし」と判断されるのは西洋医学の盲点です。

体を見るフィルターを西洋医学から東洋医学に変えるだけで見えることがたくさんあります。

そんな東洋医学を私たちの手の届く限り、より多くの方に届けることで、苦しむ方が少しでも減ればと思っております。「古くそしてこの現代ではある意味新しい」技術を使ってより多くの方々を健康に導くことが私達の目指すところです。 一生をかけて少しでもこの技術の全体像にせまりそれを可能な限り多くの皆様に提供してまいります。
要鍼灸院 とみお院

Push your
self recovery

自らの「治る力」を養う

当院では「症状をその場で止めるだけ」という施術は行いません。

「体を根本から治す」ということを謳う治療院は多いですが、根本とは何でしょうか?
東洋医学には「本治」(本当の原因を治す)という考え方が古来よりあり、そのための体の「見方」があります。西洋の考え方とは全く違うフィルターを通して見ると、自らの「治る力」を養うにはどうすればよいかが見えてきます。「施術したその時は良かったんだけど・・家に帰ると元の通りだった。」というのは症状を「止めている」にすぎません。施術した次の日以降もご自身の体が自ら回復に向かっていくための施術を行います。
そして、体調がなるべく保たれるよう日々の生活で気をつけていただく点のアドバイスも同時に行ってまいります。
要鍼灸院 とみお院

Quicker, Less sessions,
More economical

整骨院より少ない頻度で、より早く、負担なく

「痛みがある」という状況の時、「健康保険が使える」というイメージで鍼灸整骨院や整形外科を探すことは多くありませんか?

特に鍼灸整骨院はどんな疾患にも健康保険が効くという印象をお持ちの方が多いですが、実際には外傷(ケガ)の固定や処置にしか健康保険が使用できません。
そんな中で実費の施術を行う整骨院が多くなっています。整骨院での通院頻度は週2回以上であることも多いです。実費治療となると案外大きな負担となります。
鍼灸治療は痛みの軽減に非常に優れています。当院では磨き上げた鍼灸治療と診察の技術により、少ない頻度で早く治るということをテーマに掲げています。平均すると通院スタート時で週1回程度の頻度で治療を進めてまいります。
みずからの治癒力を最大限に高め、通院間隔が空いても自らのお体の力で回復していくよう働きかけて、より早く通院頻度を減らしていけるよう努力しております。
結果的に整骨院に通院するよりも、時間的にも経済的にも節約できたというお声をたくさんいただいております。
※この場合、時間も費用もより節約できるスタッフ鍼灸をおすすめしています。

このようにより少ない頻度で、より早く、経済的という治療をご希望であれば、整骨院を選ぶ前に、ぜひ当院にお問い合わせください。

※患者様がメンテナンスをご希望の際は継続的に治療することはございます。

当院が大切にする

スタンス

1

特定の症状に特化しない

東洋医学は部分的に体をとらえるということをしません。どんな症状であっても常に体全体を俯瞰し、時には自然の一部として体を見るのが特徴です。

西洋医学が体を部分(パーツ)で構成するものと考え、より細部へ細部へと病因を探していくのと対照的です。

最近では経営的な側面から「~専門」と特定の症状に特化した謳い方をする治療院もありますが、それでは本来東洋医学が持つ「体全体を見てあらゆる症状に対応できる」という長所を生かすことはできないと考えています。

当院ではあらゆる不調に関することを相談できる「健康相談所」のような場所になり、皆様の「健康の要」になることを目標にしているため、特定の症状に特化して治療を行うことはありません。どんな症状もお気軽にご相談ください。

2

量産化できる技術はご提供いたしません

当院では誰もが簡単にできる技術はご提供いたしません。
本来の東洋医学、鍼灸は教科書で簡単に学び、セミナーを受けるだけで身につくような簡単なものではありません。勉強により知識を積み上げるのは治療師として当たり前のことです。それだけでなく自らの五感を磨き上げ、日々の臨床経験の中で壁にぶち当たり、考え、悩み、試行錯誤をして、診察力、観察力、洞察力、施術力を高める訓練をしてこそ身につくものと考えています。
それらの過酷な過程を日々繰り返す施術者のみが施術に当たらせていただきます。

そして本物の技術を磨く治療師だけで患者様と向き合うため、むやみに技術を簡素化・量産化しフランチャイズするようなことはありません。

3

治療効果を出すことは最低限。それだけでなく当院は「診察力」を最も大切にしています。

治療をしてお体に改善を感じる。それだけでは不十分だと考えています。それよりもまず「ご自分の体の現状がどうであるかを知ってもらう」事が何よりも大切です。
お体は冷えやすいのか、熱がこもりやすいのか、食生活に問題があるのか、睡眠に問題があるのか、心理状態に問題があるのか、考え方のクセに問題があるのか、日々の生活リズムに問題があるのか・・・etc各々の患者様が抱える現状と課題は様々です。

そしてほとんどの患者様がご自分の体の性質を正確には知っておられません。

「現状をまず知る」ことでお体の課題に対する対応策が見えてきます。患者様に現状を知っていただくためには術者側の「診察力(見抜く力)」が最も大切です。これなくして、現状も見えませんし、養生法も見えませんし、良い治療もできません。
ですから当院は何より「診察力」を磨くことを大切にしています。

4

院内で情報共有し、最良な施術をご提供

当院の鍼灸師は単なる厚生労働大臣認可の国家資格者であるというだけではありません。西洋医学と東洋医学の特別な勉強と臨床経験を積み重ねてきています。
しかし、患者様のお体は千差万別、簡単に治ってくれないとても困難な症例に出会うこともあります。
そんな時は全治療師でカンファレンスを行い、お体を分析、検討してその患者様に合う最適な治療と治療計画を模索していきます。
患者様が快方に向かっていただくまで院の総力をあげて最適解を検討し続けます。

STAFF

スタッフ

要鍼灸院 とみお院
院長

小畑 慶幸(おばた のりゆき)

Obata Noriyuki

経歴:大阪府立高津高校卒
神戸市外国語大学中退
ニュージーランドで1年間日本語アシスタント教師として活動
行岡鍼灸専門学校卒(首席にて卒業)
前田鍼灸整骨院勤務(大阪市鶴見区)
ベーネ南船場治療院にて研修
奈良市内鍼灸治療院勤務
2013年要鍼灸院開業(大阪府大東市) 現在に至る
中華伝承医学会所属(同会にて講師を務める)


メッセージ:勤務時代から大阪府大東市での開業後も、これまでたくさんの患者様を診させていただきました。師から教わった東洋医学の技術に助けられ、たくさんの患者様が元気になり笑顔になる姿を見ることができました。でも、まだまだ未知のお体をもつ患者様にはこれからたくさん出会うことでしょう。少しでも多くの方が笑顔になれるように、また不調に悩む患者様方を健康に導けるように、精進してまいります。そして、まだまだ「イタイ」「コワイ」のイメージが強い鍼灸が、皆様にとってより身近で、気軽なものになるように努力していく所存です。どうぞよろしくお願いします。
要鍼灸院 とみお院
副院長

藤森 孝之(ふじもり たかゆき)

Fujimori Takayuki

経歴:森ノ宮医療学園卒
奈良市内鍼灸治療院勤務
ひまわり鍼灸院・整骨院(大和郡山市)勤務(院長として)
中華伝承医学会所属


メッセージ:はじめまして!藤森と申します。私は幼少期にある難しい持病があり、様々な症状に苦しんでいたことがありました。何をやってもダメで最後の希望として鍼灸治療を受けた結果、すっかりその病気を治していただき今では何不自由なく元気に暮らせるようになりました。
その経験から自分も同じように苦しんでいる方のお力になりたい・・・そんな思いでこの道を志しました。「病院や色々な治療を試したけれどダメだった・・・」「どうしたらいいのかわからない・・・」そんな方がいらっしゃいましたら一度私たちに任せてみていただけませんか?あなたが少しでも楽になるように、あなたにとって希望の光になれるように、全力で治療させていただきます。どうかよろしくお願いいたします。 
要鍼灸院 とみお院
受付・送迎担当

小畑 紗紀子(おばた さきこ)

Obata Sakiko

メッセージ:はじめまして。小畑です。私は20歳の頃からエステサロンにてエステティシャンとして勤務しておりました。
オープニングスタッフや、店長経験もある一児の母です。施術者としては現在育休中ですが、受付と送迎を担当しております。実は私自身も心身のトラブルを鍼灸で治療してもらっている患者の一人です。もともと私はトラブルの多いカラダで、何か不調が出る度に病院に行っては、検査をしてもらっても様子を見ましょうと帰されることもしばしば・・・。
ですが、「様子を見ましょう」で終わっていた不調も治療可能として診てもらったことが東洋医学との出会いでした。
実際、これまで慢性膵炎だったのもかなり症状が軽くなってきていますし、出産のときにも安産の鍼灸治療をしてもらい「スポンっ!」と生まれて来てくれました。ここに書ききれない色々な奇跡を体験し、東洋医学の幅広い治療には常に感動しています。
そんな私の患者としての経験もふまえて、すべての患者様が安心してご来院いただけるようサポートしてまいります。
要鍼灸院 とみお院

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

0742-31-2425

友だち追加